食事作りルーティン化チャレンジ

この記事は2分で読めます

Pocket

スポンサードリンク

そもそも、なぜ食事作りが大変か

 

1、毎日毎日休みなく作り続けなくてはならないから。

2、栄養バランスを考えなくてはならないから。

3、家計を考えなくてはいけないから。

4、家族に美味しいと言ってもらいたいから。

5、できれば豪華に見える食卓にしたいから。

6、作っていると自分で飽きてくるので、目新しいものを作りたくなるから。

7、献立を考えるのがめんどくさい。

8、買い物するのが嫌い。

9、仕事から帰ってきて、一服したいのに料理しなくてはいけない。

10、休みの日はだらだらしたいのに、結局三食作らないといけないので、腹たつ。

 

 

…どうですか。もっとありますか?

 

じゃ、どうすればいい?

 

1、10、休みの日は、せめて家族に作ってもらいたい。それが無理なら朝と昼くらい自分で用意してもらいたい。

合言葉は「今日のお昼はフリースタイルで。」

 

2、メインでタンパク質は取れるから、意識しないと摂取しづらい緑黄色野菜と根菜、海藻だけは毎日摂るように決める。

 

3、8、一週間に一度だけ買い物をする。(そもそも買い物嫌いなので、ホントは1ヶ月に一度でもいい。でもそれだと金額がすごいことになりすぎて呼吸困難になるから。)

 

4、家族が美味しいと感じる味付けのパターンを決めてしまうとか…。

でもまあ、子供達は味付けというより食材に左右されてるように思う。どんな美味しい味付けでも、嫌いなものが入っていたら「まずい」というからね。

嫌いだからといって、その食材を避けていると栄養バランスが取れなくなってくると思うので、それは無視。

 

5、最近気づいたけど、超簡単料理でも上にトッピングする薬味っぽいものですごく豪華に見えるんですよ。

一番簡単なのは、「ネギをふる」「ゴマをかける」。洋物なら「パセリをふる」「バジルをふる」。とか、

とにかく色合いが鮮やかに見えるものをかければいいのさ。

 

あとは、大皿料理ではなくて、定食屋さん風にすると超簡単料理のオンパレードでも豪華に見える。はず。

そのためには、やはり1汁3菜(漬物含む)くらいはあったほうがいい。

 

6、飽きたっていいじゃないか!ここは自分の問題なので。

目新しいものが作りたくなるって、どういうことが考えてみると

結局献立を考えるのがしんどくて、自分のメニューのレパートリーが少なくて

料理本に頼りたくなるってことなんですよ。

 

なら、自分のレパートリーが増えればいいってことじゃない?

 

あとは毎日料理を作ることに疲れてしまったから、

本を見ながら目新しいものを作って自分を鼓舞する、という側面もあります。

 

これも疲れない程度の食事作りになればOKのはず。

 

7、献立を考えなくても、自動的に作る料理が決まっている、というふうにできないかなあ。

月曜は焼き物、火曜は煮物、水曜は揚げ物…というふうに?

汁は必ず作る、1品は漬物のように作り置きしておけるもの(買ってきてもよし)、1品は緑黄色野菜を使う、とか。

 

9、最近、娘にお米を研いでおいてもらうようになった。そしたらたったそれだけのことで随分楽になった。

そのうち、漬物の一品くらい用意してもらうようにできないかなあ。

 

そして、何を実践する?

 

色々頭では考えてるけど、とりあえず

「1ヶ月間、絶対に料理本やクックパッド先生に頼らないで料理を作ってみる」チャレンジをして見ます。

 

結構、辛いんだけど。

 

できるだけ簡単に作れるように、基本の味付けを決めて使いまわしてみる。

(基本の味付け決めるのには、ちょっと本見させて〜)

 

じゃ、明日からやって見ますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク




カテゴリー

管理人:茶々郎

こんにちは。茶々郎です。

京都の「ど」がつくど田舎、「どど田舎」に住むアラフィフ。

好奇心旺盛、でも引きこもり。着物好き。メカ好き。PC好き。読書好き。運動神経抜群(自称)。

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。