【食事作りを簡単に!】チャレンジ5日目/6日目。中辛カレーとお父さんが作る夕食の話。

この記事は2分で読めます

Pocket

スポンサードリンク

「実録!毎日の食事作りルーティン化チャレンジ」

*将来、歳を重ねて行って料理が億劫になっても、なんとか自分たちの手で栄養バランスのとれた食事がとれるよう、「簡単に」「時間をかけず」「自動的に」料理ができる方法を模索しています。

 

5日目

 

本日は、口がもう「カレー」だったので、素直にカレー。

凝ろうと思えばどこまでも凝ることができるカレーですが、

普段に作るカレーは、とことん手抜きのためのメニューです。

 

カレーの日は、ひたすらカレーのみを食べる。サラダも用意しません。

栄養バランスなんて、関係なし。

いつもの1.5倍のご飯を炊いて、チーズをかけたり、唐辛子をかけたり。

 

そうそう、うちのチビは小学校6年ですが、

ようやくカレーが「中辛」に昇格しました。

 

ご家庭によっては「大人用」「子供用」の2種類作られるところも多いでしょうが、

なんせ、うちではとことん手抜きのためのメニューなので、

普通のカレーが食べられる年齢になってからは

家族全員「甘口」のカレーを食べていました。

 

本来、辛い物好きの私と夫は、そこにガンガン唐辛子をかけて辛さをアップ。

 

そして近頃ようやく「中辛」に昇格した、というわけ。

残念ながら、娘は辛いものが苦手のよう。

娘がいる限り、うちのカレーが「辛口」昇格することはなさそうです。

 

6日目

 

この日は平日ですが、珍しく夫が休みで家にいたので

パパディナーです。(私は通常通り仕事でした)

 

メニューは、

1、ソーセージを入れたスンドゥブチゲ。(レトルト使用。大人は激辛、子供はマイルド)

2、福井県永平寺の超厚揚げのねぎ焼き、醤油かけ

3、こてっちゃんとキャベツの炒め物

でした。

 

子供達には内緒ですが、

この日は夫とお昼に落ち合って、イタリアンレストランでランチしました。

ランチも結構なボリュームがあったはずですが、

どうも、口がまだ満足していない、ということで

ミスタードーナツで、新商品の「シュードーナツ」を食べてしまった。

 

そしたら、夫も私も「全くお腹が空かへん」状態での夕食となってしまいましたよ。

 

二人だけなら、「お茶漬けで済ますか」になるところでしたが、

お子様たちがいらっしゃるので、

夫ががんぱってくれました。

 

ちゃんと自分でメニューに足りないものを買って来ていた模様。

 

こういう時は、隣で一緒に料理するのがいいのか、全部任せてしまうのがいいのか

悩みます。

結局、「自分が作ってあげよう」と思ってくれる気持ちを尊重して

手も口も出しません。

 

キッチンも少しずつ物を減らして、何がどこにあるのか

見ればわかるように整理をはじめているので

「あれ、どこにある?」「あれがない!」

など言われることが、ほとんどありませんでした。

 

もともと夫は一人暮らしが長かったので

ある程度の料理はできる、と自負があるみたいですが、

そもそも私の代わりに料理をするような人ではありませんでした。

 

私が長く専業主婦で家にいたのが大きかったと思います。

それが家計のためにフルタイムで仕事をすることになり、

今まで通りには行かないことをわかってくれたんでしょうね。

 

本当にありがたいことです。

 

実は、整理収納についてのオンラインスクールで勉強しています。

 

「キッチンを主婦だけのものにしないで、家族に開放する」ということも

こうやって、夫が家族のために料理をしてくれることに繋がっているんだなあ、と実感しました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




カテゴリー

管理人:茶々郎

こんにちは。茶々郎です。

京都の「ど」がつくど田舎、「どど田舎」に住むアラフィフ。

好奇心旺盛、でも引きこもり。着物好き。メカ好き。PC好き。読書好き。運動神経抜群(自称)。

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。