やる気がでないのはなぜ? と、チャレンジ10日目。

この記事は3分で読めます

Pocket

スポンサードリンク

なぜやる気が出ないの?

 

休日の過ごし方は問題である。

 

今日は日曜日。休日です。

休日の私はいつもやる気スイッチがはいりません。

 

休日といえど、息子たちは部活があったり、夫は休日出勤したりするので

朝寝坊しているわけにも行きません。

 

生活リズムとしては、平日とそれほど違いはないのですが、

どうにかこうにか、用事のある人たちを送り出すと

体の芯がなくなって、こんにゃくのようにぐにゃぐにゃになります。

もちろん意志の力も、もともとこんにゃくのようなのに

休日にはスポンジのようにカスカスになります。

 

金曜日の夜は、

明日になったらこれしよう♪ あれ作ってみようかなあ♪

溜まってたあれ、やっつけちゃおう❤️

などと夢と希望に溢れているのです。

 

でもさて休日になると、朝ごはんの片付けはおろか、掃除もせんた…(いや、洗濯は夫がやってました)

もとい掃除も掃除も掃除も猫の世話もやりたくなくなって、

いや、でも、やらないとダメでしょ、う〜ん、まあ、後にしよっか、今日は一日家にいるんだし、テレビで面白いのやってるよ、あ、ちょっとネット見てみようかな、そうだ、溜まってたあれ、やるつもりだったっけ、でもな〜結構億劫になってきたな〜、今日はちょっと寒いわ、う〜ん、体が動かんなあ、疲れてるんかな、まあ平日結構頑張ってるし、今日ダラダラしても、まだ明日日曜日だし、明日やればいいか。

 

てな具合で、結局一日ダラダラ過ごしてしまうのです。

 

やる気って、意志の力なの?それを言っちゃあ、おしまいよ。

 

これは一体何故なのか。

 

意志が弱いから?

 

ええ、そうですとも、私は意志の弱い人間です。

「ダラダラした〜い!」と思っているところ、

「ダメでしょ!きちんと仕事をしなさい!」と

自分を律することができるような強い人間ではありません。

 

おそらく、意志の強い人ならば「こうしなければならない」と決心したら

一日中ダラダラするなんてことはなく、やるべきことをきちんとやってからダラダラするのでしょう。

 

問題は、意志の弱い、私。

 

やる気を「意志の強さの問題」とされてしまったら、どうすることもできないよ。

 

私は自分の意志の弱さと、かれこれ50年付き合ってきました。

だから私は自分の意志の弱さをよくわかっています。

これまでの経験で、意志を強くしようとする努力は実を結ばないことをよくわかっているので、

そんなこと言われたら、私のやる気はもう出てこないことになってしまう。

 

だから、「やる気は意志の力の問題」という意見は真っ向から否定したいと思います!

 

何十年もやる気を出し続けないといけないのに、

それが意志の力で出てくる、なんて言われちゃあ、

どんな意志の力の持ち主でも空っぽになっちまうってもんだい!

 

これから先、どんどん気力や体力が減退していくだろうことを考えると、

やる気の大きさを求めるんじゃなくて、反対に、

小指の先ほどの小さなやる気でもできる方法を

考えるべきなんじゃないかなあ。どんなことも。

 

やる気がなくてもできる?

 

さて、私は休日にどうしてダラダラしてしまうのか。

 

平日頑張ってるから?

 

いいえ、よく考えて。

私は、平日そんなに意志を強く持って頑張らないといけない生活をしていますか?

 

朝ごはんの準備で少々手間取りますが、基本的には

決められた順序で次々やるべきことをこなしていっているだけ。

幼い子供がいれば、その子に振り回されて何をするにも大変になるけど、

うちの子供たちはもう、そんな年齢でもない。

 

7時15分に娘、7時30分に夫と息子を送り出した後、

自分が出勤する8時30分まで、やるべきいくつかのことをやれば

いつも通りの時間に家を出られます。

 

そこには、どこにもやる気スイッチなど存在しません。

ただただ淡々と決められたことをやっているだけです。

 

仕事から帰ってきて夕飯を作るのも、毎日のことですし、

最近は「毎日の食事作りルーティン化30日チャレンジ」をやっていますので

まあ、面倒くさいとはいえ、割と淡々と料理しています。

 

あとは自分の時間。テレビ見たり、エアロバイク漕いだいり、スマホいじったり。

 

どこにも疲労困憊する要素なんかありません。

 

こうやって考えてみると、疲れているから休日は平日の分休みたい、と思うのは単なる思い込みでした。

 

それより、平日の生活はやる気がなくても家のことができるヒントになりそうです。

 

長くなりましたので、続きは明日。

 

そして、この話をしようと思ったきっかけがこれ。

全く作る気にならなかった、30日チャレンジ 10日目。

 

朝から娘の学校行事に振り回され、結構疲れたのもありますが、

今日は本当に料理したくなかった。

 

究極、外食しようと思ったけど、幸いなことにか不幸なことにか、

我が家から飲食店は、最低車で20分ほど行かなくてはなりませんので、

結構大変ですので、思いとどまりました。

 

月に1回程度しか外食しないので、こんな消極的な理由でそんな機会を使わなくてよかった。(結果論)

 

冷蔵庫には色々材料が仕込んであるので、

何か作ろうと思ったらできるはずなのです。

 

でもだめ。「もう嫌だ〜」が出た。月に1回は出る気がする。週末の「もう嫌だ〜」。

 

6時過ぎてもグダグダして、夫に絡んだりして、

仕方ないのでテレビで見たからお好み焼きでお茶を濁そうか、と

キャベツを刻んでたら、夫が

「昨日の鶏汁にうどん入れたのでええけど」というので

結局、そうなった。

 

写真も撮ってないですが、鶏汁うどんです。キャベツ、卵入り。

卵はゆで卵じゃなくて、汁にそのまんま卵を割り入れたものです。

 

「どんなにやる気がなくても、なんとか料理できる状況を作る」ための

「毎日の食事作りルーティン化計画」ですが、まだまだですね。

 

ていうか、そんな日は夫か子供につくってもらったらよかったんじゃないの?

無理して私が作る必要はなかったよね。くそー。

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




カテゴリー

管理人:茶々郎

こんにちは。茶々郎です。

京都の「ど」がつくど田舎、「どど田舎」に住むアラフィフ。

好奇心旺盛、でも引きこもり。着物好き。メカ好き。PC好き。読書好き。運動神経抜群(自称)。

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。