やる気が出なくても大丈夫!な方法を探そう!

この記事は3分で読めます

Pocket

スポンサードリンク

やる気がいつも出るとは限らない

 

前回からの続きです。

 

前回、平日は特に感じないけど、

休日になると、途端に何もやる気が出なくなる、という話を

延々としました。

 

私の場合は特に休日のやる気の減退が激しいですが、

人によって、やる気が出ないタイミングは違うでしょう。

もしかしたら、「いつだってやる気、元気100%!!」

という人だっているかもしれませんが、おそらく

そんな人はごく少数派のはず。

 

人がやる気を出すためのエネルギーの容量は無限ではないので

いつかどこかでエネルギー切れを起こすことがあって当たり前です。

 

「もう、こんなことやってられっか!」と思うことがあって

当たり前なんですよ。

そして、美味しいものを食べに行ったり、友達とおしゃべりしたり、

思いっきり朝寝坊したりして、明日への活力を補充するじゃないですか。

 

そう、いつもいつもやる気がたっぷりあるわけじゃない。

 

毎日毎日、この先もず〜っと家事を続けていくんだから、

やる気がある時もない時も出てきますよ。

私の場合、どっちかっていうとやる気のない時の方が多いもの。

(家のこと、あんまり得意ではないからね)

 

ということは、やる気のない時でもできるくらいの

家事のやり方を考えないと、続かない、ってことですよね。

 

やる気がなくてもできる方法、2つ。

 

もしかしたら、これが私の場合の正解かも、と思う方法を2つご紹介します。

あくまで、私の場合の、ですが、あなたのヒントになれば。

 

1、やるべきことをできるだけルーティンにしてしまう。

 

*ルーティン…決まった手順/お決まりの所作/日課などの意味。

 

朝起きたら決まって顔を洗って歯を磨くように、

寝起きの、まだ回りきらない頭でも体が勝手に動く、ぐらいのレベルで

毎日、同じことを、同じ手順でやるようにするのです。

 

何をやるかは、各家庭の基準でしょうが、

最低限これだけやっておけば、何とか家の秩序が保たれる、という

低いレベルで始めるのがいいと思います。

 

朝ごはんの内容も、テンプレートを決めて

何も考えなくても準備が終了するレベルまでできればいいですね。

 

この、やるべきことをルーティンにする、というのは

ビジネス系の本を読んでも、結構よく書いてあることです。

 

「ライフログ」をとって、それを元にスマホにリマインダーをセットして…

といった内容です。

 

でも、その中の「何も考えなくても」というのが引っかかっていました。

というのも、将来の痴呆症を心配する50歳の私は、

「頭を使う機会を減らしたらますます脳が退化するんじゃないか」と

心配していたからです。

 

でもね、毎朝「何するんだっけ?何をしないといけなかった?」と

考えながら生活したとしても、抜けがたくさん発生するだけ。

無駄に労力を使って、その分、休日何もできずだらだら過ごすくらいなら

パパッと体を動かして、家も綺麗になって、スッキリして、の方が

よっぽどいい。

ということに最近気づきました。

 

2、自分の「やらなきゃ」を刺激することを見つける

 

難しいことを書きましたが、

私の場合、それは「もったいない」と「決めたことをやる」です。

 

ある人のメルマガで見つけた方法です。

 

ニ○リで売っている格安のロール状の不織布のふきん。

これを、1日目は食器拭きに使い、2日目は台ふきんに使い、3日目は掃除に使って捨てます。

そうすることで、洗って干したり漂白したり、という手間がなくなります。

 

という内容でした。

 

台ふきんが衛生的でないなあ、と思っていた私はすぐこれを採用しました。

(やってみたがりなんです、やってみてすぐやめたことがどれほどあるか…

これもすぐやめるだろうと思ってました。)

 

そしたら、これが良かった!

 

1日目食器拭き、2日目台ふきん、3日目掃除に使う、という

このサイクルを崩したくないために、

今までやってなかった食器拭きをするようになりました。

 

まだ綺麗なものを捨てるのはもったいないので

とにかくあちこち磨くようになりました。

恥ずかしながら、年に2回くらいしか拭いてなかった窓を毎日拭いています。

最終的にトイレ掃除をして捨てるのですが、

トイレ掃除をする前に、どこか掃除できるところはないか、と

探し回るようになりました。

 

なので、今我が家は我が家史上最高に磨かれています。

 

この変化は自分でも不思議。

私って、こんなにもったいながりだったかな?

何がハマるかわかんないもんですよ。

 

自分の肝を見つけるのも大切なことですね。

 

まとめ的なこと

 

なんども言いますが、やる気出すことを期待しちゃダメ。

やる気なんていつ出てくるかわからない、不確定なものです。

これからどんどん気力は減退していくんだから。

家事なんて、(大切だけど)つまんないものに限りある気力を

使わなくていいんです。

もっと楽しくてワクワクすることに使いましょう。

 

おっと、なんで休日にやる気が出なくなるか、結論が出てなかった。

話がとっちらかってすみません。

以下次号。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




カテゴリー

管理人:茶々郎

こんにちは。茶々郎です。

京都の「ど」がつくど田舎、「どど田舎」に住むアラフィフ。

好奇心旺盛、でも引きこもり。着物好き。メカ好き。PC好き。読書好き。運動神経抜群(自称)。

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。