休日にだらだらしすぎない、簡単な解決法

この記事は3分で読めます

Pocket

スポンサードリンク

ここ数日、やる気シリーズ(?)をお送りしてきました。

 

そもそも話の発端は、「休日にだらだらしてしまう」ということでした。

結局その解決法を曖昧にしたままでしたので、

改めて、自分なりの解決法を書きたいと思います。

 

そもそも、休日はどんな過ごし方をしているのか

 

 

休日は、いつもより30分くらいは長く寝ています。

家族になんの予定もなければ、1時間くらいは寝坊するかな。

起きた瞬間から「だらだらモード」全開なので、

「各自でお好みでどうぞ」

が多いです。

その気になったら目玉焼きくらいは作りますが。

後片付けも、掃除も、下手したら猫の世話までほったらかし。

「やらなきゃな〜」とは思っているけど、「あとでいいか。」と。

 

あとは、テレビ見たり、スマホ触ったりで時間が過ぎていき、

お昼も「フリースタイルで(つまり各自で勝手に)どうぞ。」

 

さらに片付け物が増えていき、またテレビ見てスマホ触って

気がつけば夕方。

自分がほったらかした片付け物をブツブツ言いながら片付けて

手抜きの夕食作って、「あ〜あ、今日も何もできなかった」

と思いつつ就寝。

 

書いていて情けなくなる1日ですな。

 

どうして、だらだらしたくなるの?自己分析してみる。

 

なんでこんなことになるのでしょう。

 

充実した1日を過ごしたい、と思っているのに

実際には、小指を動かすのもめんどくさいと感じるくらい

体を動かすことに抵抗がある。

 

前回にちょっと書きましたが、

平日に「自分は頑張ってるから、とても疲れている」という変な思い込みがあるのです。

 

なので、休日が2日あればとにかく1日はどこにもいかないで

家でのんびり過ごしたい、と思っています。

外出の予定があれば、それはそれで楽しみではあるのですが、

どうも、リフレッシュする、というより「疲れる」

と感じているようです。

 

この、自分の変な思い込みも「休日のだらだら」の原因の一つのようです。

 

別に、疲れるほどのことはやってないんですよ。

そりゃ、平日は一応9時ー5時の仕事をしてますし、

プラス、家のこともしています。

でも、子どもたちが小さかった時のことを思えばねえ。楽勝ですよ。

 

なんで、変な思い込みをするようになったんだろう。

 

思い当たることが一つ。

子育て真っ只中の頃、

うちはお互いの実家も親族も近くにない、完全なワンオペ育児だったので

夫が休みになる休日だけがワンオペから解消されるホッとする一日でした。

だから、実際にはそれほど休めたわけではないけど

気持ちだけは「今日は休みたい!」と思っていたのでしょう。

 

ああ、きっとこれだ。

 

当時は「今日は休みたい!」と思っても、

思うように体を休めることができなくて悶々としていた分、

今休もうとしているんだなあ。

もはや、そんな必要はないのにね。

 

「私は、一日体を休めなければいけないほど疲れていない!」

 

これを自分に言いきかすのが、まずは必要かな?

 

自己分析の面白いところは、

自分で、「自分がどうしてそうなるのか」の原因を

客観的に理解できるようになると

すっとそのこだわりが消えていくことです。

 

「なんだかよくわからないモヤモヤ」に「名前」をつける作業と言いましょうか。

「名前」がついた途端、「モヤモヤ」がはっきりと見えて

自分の力でそれをコントロールできる対象になる、という感じです。

 

さて、休日のだらだらの解消法。

 

以上のことを踏まえてまとめます。

 

1、自分に「私は一日だらだらしなければいけないほど、疲れていない!」と言いきかすこと。

これが一番大事ですね。

 

2、朝がその日をだらだら過ごすか、充実した一日を過ごせるかを決める大事な時間。

なので、遅くとも7時半までには起床、普段通りの朝のルーティンをこなすこと。

 

 

3、その日にやるべきこと、やりたいことをリストにしておく。

一日の終わりに、できたことを数えて、その数が多ければ

満足感が大きくなるはず。

 

もしかすると休日こそ、きちんとしたスケジューリングが

大事なのかもしれないですね。

またまた変な思い込みで

「平日はやることがきっちり決まっていて、自由になる時間が少ないから息がつまる。

その分休日は自由に、予定を決めない方がいい」

なんて思っていましたが、

やることの決まっていない一日は、逆に何をしたらいいのか迷うし、

何をやっていても「こんなことしてていいのかな」という不安が

つきまとう気がする。

 

「人生は無限じゃない」と気づいている年齢だからこそ、

やるべきことをきちんとやって、そのほかの時間を思い切り好きなことして過ごす

というのが大事なんですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




カテゴリー

管理人:茶々郎

こんにちは。茶々郎です。

京都の「ど」がつくど田舎、「どど田舎」に住むアラフィフ。

好奇心旺盛、でも引きこもり。着物好き。メカ好き。PC好き。読書好き。運動神経抜群(自称)。

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。