むね肉をふっくら柔らかにする、とても簡単な方法。

この記事は2分で読めます

Pocket

スポンサードリンク

むね肉が続く…

 

今日もまた、鶏の胸肉が巡ってまいりました。

経済のことを考えると、どうしてもむね肉率が高くなってしまう。

100グラム50円くらい。

一枚で家族4人が十分食べられる量になります。

 

私が買うのは、2枚入って1パック400円までのものなので、

1日200円。

すすすすすばらしい…

 

モモ肉に比べて安いし、カロリーも低いし、タンパク質豊富だし

いいことづくめですが、ただ一つ、パサパサするんですよね〜。

 

以前は、関西発の餃子専門店に食べに行って、むね肉の唐揚げが出てくると

何か損した気分になったもんです。

唐揚げはモモ肉でしょうよ!

むね肉だとパサパサしちゃって硬いし、口の中の水分を持っていかれそうになるからね。

料理でも断然モモ肉派でしたよ。むね肉を買うことは稀でした。

 

それが、ある簡単な下ごしらえ方を知ってから

むね肉の概念が変わりました!

 

本当に簡単。特別な道具も手間も全くなし。

今日からできますよ、奥さん。ぜひやってみて。

 

ふっくら柔らかになる鶏のむね肉の下ごしらえの方法

 

1、むね肉は、一口大にそぎ切りにしましょう。

*2枚1パックのものを買って来ますので、下ごしらえは一気に2枚分やってしまいます。

どんな切り方でも良さそうなもんですが、私はこんな風に切っています。

2、切ったものを調味液につけます。(むね肉2枚分)

調味液…酒 どばどばどば。(50ccくらい??)

塩 小さじ1、砂糖 小さじ1。この辺適当です。

*ただし、これが下味になるので、塩はこれ以上多くしない方が

健康によろしいかと思います。

 

3、これを1時間〜つけておきます。

その日に使うものは、2、30分で使っちゃうかも。

残った分は保存袋に入れて、2、3日中に使うなら冷蔵庫で、それ以上間が空くなら冷凍庫で

保存しておきます。

(はじめから保存袋の中で調味液につければ、洗い物ゼロ。)

 

以上。終わり。これだけのことで、肉がふっくら、プリプリになりますよ。

むね肉は、水分をたくさん吸うので水分多めの調味液がいいです。

私は酒を使いますが、これは水でもいいのです。酒プラス水でももちろんよし。

 

毎度のことだから、簡単が一番!

 

もっと柔らかさを極めるなら、繊維を断ち切るように切る、など

工夫のしどころはまだまだたくさんあります。

 

私も色々試しましたが、結局この下ごしらえが一番簡単で

一番効果があるという結論に達しました。

 

この切り方、この下味の付け方なら和食、洋食、中華、イタリアン、フレンチ

エスニック何にでも使えます。(作ったことないけど)

 

むね肉は、買って来たら全部この下ごしらえをしておけば、

中華のつもりだったけど、和風の煮物にしよう!という急な変更も

全然おっけーですから。

 

もし、今まで

「経済的でヘルシーなのはわかってるけど、

パサパサするから使いづらいわ」

ということでむね肉を敬遠していたなら、

一度騙されたと思って、この下ごしらえでやってみてくださいね。

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




カテゴリー

管理人:茶々郎

こんにちは。茶々郎です。

京都の「ど」がつくど田舎、「どど田舎」に住むアラフィフ。

好奇心旺盛、でも引きこもり。着物好き。メカ好き。PC好き。読書好き。運動神経抜群(自称)。

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。