年度末は何かと忙しい、とただ言ってみたかっただけ。

この記事は3分で読めます

Pocket

スポンサードリンク

 

はじめてのことはなかなか一歩が出ない。

 

スクワット、やってますか?

 

どうですか、スクワット。やってみましたか?

スクワットはアラフィフ女性のダイエットにも効果あり?!

 

興味がないのにやる必要はありませんが、もしちょっとでも「やってみようかな…」と思った人がいたら、そこはぜひやってみてください。ちょっとやってみて、「無〜理〜!」と思ったら、やめたらいいじゃないですか。そんでまたやってみようかな、と思う時が来たらちょっとやってみたらいいんですよ。

さあ、今!このブログ読みながらでもできますよ!

立って!

足を肩幅に開いて!

両手を前に!(片手でもいいや)

お尻キュッと閉めて!

後ろにある椅子に座るつもりで、ゆ〜〜〜〜っくり腰を落とす!

息を吸いながら!

い〜〜〜〜〜〜ち!

に〜〜〜〜〜〜い!

さ〜〜〜〜〜〜ん!

し〜〜〜〜〜〜い!

次は元に戻るよ!息を吐いて〜

い〜〜〜〜〜〜ち!

に〜〜〜〜〜〜い!

さ〜〜〜〜〜〜ん!

し〜〜〜〜〜〜い!

一回できた!

 

余計なお節介でした。かく言う私もスクワット始めたばかり。一緒にスクワット続けてくれる人が欲しいんですよお!

 

30日続いたら、どんな変化があったか報告するぜ!(今、何日めだっけ?)

 

Twitter、始めました。(冷やし中華始めてません)

 

ブログも始めたことだし、たくさんの人に読んでもらいたいから、Twitter、はじめてみました。

と言うか、7、8年前にアカウントは作っていて、鍵付きで仲間内の話をちょっとだけやってたんです。

でもねー、つぶやくって誰に向かってつぶやくんだよ!とか、古い人間であるおばさんは、新しい文化を斜に構えて見てしまっていて、Twitterがどんなものか、どんな楽しみ方があるのかじぇ〜んじぇんわかってなかったのです。(今もまだわからん。)

 

Facebookもアカウントは持っているけど、自分の個人的な旅行やランチやお誕生日会や何かを世間の人に見てもらうことになんの意味があるんだ、と思ってしまって死んだも同然の状態でした。ここ1年ほどでようやく投稿の仕方を覚えたくらい。でもまだ改行の仕方がわからなかったりする。

 

今でもTwitterや、Facebookのどんなところに楽しさや面白さがあるのかわかりません。

そりゃそうだ。まだそこに入ってない・または積極的に楽しもうとしてないんだから。

 

だから、やってみることにした。

 

facebookはいいとして、Twitterは結構一歩踏み出すハードルが高かったなあ。

まずはアカウントの鍵を外すこと。京都の田舎の片隅でひっそりと石ころ帽(@ドラえもん)を被って生きている私にとっては自分を世間様にさらけ出すなんて、すっごいことなんすよ!すっっっっっっごいことなんすよ!ブログとはまた違うよね。ほんと。

 

あと、ツイートの一発目を入力して「ツイートする」のボタンを押す時。

今までのたった数人のフォロワーは私の友人なので、その友人に何か思われるんじゃないか、と言うイラナイ心配。そもそもその友人たちのアカウントも死んでるも同然だから、そのツイート読まないですけどね。

 

そして、友人でもない人をフォローすること。「お邪魔します、ご迷惑じゃないですか?」って感覚です。

Twitterに慣れている人にはどってことないことなんでしょうね。そこがまだまだ。

 

なかなかに高いハードルだったけど、とりあえずやっちゃった。一歩出したぞ。

 

この次は何が起こるんでしょうか?次の一歩はどこに向かう?あるいは何も起こらないか?

 

「思い切って一歩出す。」って、なんかダイナマイトの導火線に火をつける感じね。うまいこと人生を動かすようなダイナマイトの導火線に火をつけられたら、しゅ〜〜っと火が走っていって、どっか〜ん!と大きく花開く、みたいな。

特に重要でないダイナマイトの導火線だったら、しゅ〜っと火が走っていって、ぷしゅう…と不発になる、みたいな。

 

どれが重要なダイナマイトの導火線かわからんもんね。数打たなきゃあ。

 

ところで、Twitterやってる方、よかったらフォローしてください。アカウントは 茶々郎@nyhijau です。(これで検索できるのかな?)

 

忙しさの原因はこれ。

 

3月4月と卒業式、入学式が続くけど特別忙しいわけでもなくて、仕事も年度末関係ない仕事なので、平常運転。なら何が忙しいかと言うと、3月半ばまでに、今まで貯めに貯めたオンラインスクールの宿題を一気に終わらせなくてはならなくなったから。

 

おそらくすごく大きな爆発を見せるダイナマイトの導火線に火をつけることを決めたがために、こんな試練を受ける羽目になったのさ。その試練を作ったのは私ですが。

 

あの時、きちんとやっとけば…(受験生か)

 

後悔先に立たず。アホみたいに大量に宿題が残っているのも自業自得なので、とにかく粛々とこなすのです。ブログなんぞ書いている場合ではないのです。

 

もしかして、私と同じように宿題を抱えている皆さんがいるかも。

とにかく死力を尽くしましょう。えいえいおー!

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




カテゴリー

管理人:茶々郎

こんにちは。茶々郎です。

京都の「ど」がつくど田舎、「どど田舎」に住むアラフィフ。

好奇心旺盛、でも引きこもり。着物好き。メカ好き。PC好き。読書好き。運動神経抜群(自称)。

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。