ブルーマンデーを克服できるか

この記事は2分で読めます

Pocket

スポンサードリンク

 

休み明けって辛いわね。

 

私は平日月~金の仕事をしていますので、土日の休みの後の月曜日は、本当に気分がブルーになります。まさにブルーマンデー。

でも、うだうだしてたって「んじゃ、今日は仕事来なくていいよ!」とはならないので(なったらまずいっしょ)重い体を起して、朝のルーティンを始めるわけです。

とりあえず体を動かせば毎日のルーティンが始まるので、布団の中で「今日はもう体が重すぎて動けない!きっと熱があるに違いない!」とか思っているほど、つらいわけではないんですけどね。

月曜日の、このブルーな気分がなおさら「仕事辞めて、フリーで稼ぐぞ!自由人になるぞ!」という決意を強くするんですが、

(あ、言い忘れていました。私の当面の目標は「今の仕事を辞めて稼げるフリーランサーになる」ということです。)

最近、生活サイクルの中に仕事が組み込まれていることで、家事や自由時間が効率よく回っている、という事実に気づいてしまってですね。

 

どういうことかと言いますと。

 

みなさん、経験があるのではと思いますが、
何の予定もない、まるまる一日自由な休日って、案外やろうと思っていたことができないってことはないですか。

 

その辺、わたしもここで書いています。

やる気が出ないのはなぜ?

やる気が出なくても大丈夫!な方法を探そう

 

睡眠時間が7時間として、残りの活動時間が17時間。
「わ~、やった~!17時間もある~!」なんだけど、気がついたらもう昼。ちょっと一息入れてたら、もう3時。「何にもやってない!」と焦るけど、夕飯の準備の時間になって、タイムアウト。

 

私の休日はそんな感じです。

 

あまりにも長すぎる時間の管理は、私には難しいってことです。
自由な一日は、明確な活動の終了時間がないので、何をいつやってもいい状態。
すると、ついつい後回しにしてしまうんですよね。

仕事している平日は、「朝8時半、出勤」というデッドラインがあるので、その時間めがけてやるべき事をどんどんこなす、という感じ。

一日の家事の大半を、その時間にやってしまっています。
自分でも、濃い時間の使い方してるな~、と思います。

 

休日も、自分でデッドラインを決めて同じ事をやればいいっていう話ですが、私のように意志がこんにゃくのようにふにゃふにゃな人間には、外からの強制力が必要なんですね~。

 

仕事している間は、「やりたいこといっぱいあるのに、時間がないよ~」なんて思っているけれど、仕事が毎日の生活の軸になっているからこそ、残った時間を有意義に使おう、となってるんです。私の場合。

 

仕事があるから、時間がないと思っているけど、

仕事があるから、有意義な時間の使い方ができているんですね。

その上、お給料までいただけるんだから。

 

となったら、月曜日の朝にブルーになってる場合じゃあなかった。仕事、ありがとう。仕事、バンザイ。

 

そう言い聞かせて、無理やり布団から出ていくのでした。チャンチャン。

月曜日、かったりーのは変わりないけどね〜。

 

でもだからって、仕事辞めてフリーランスで仕事するのを諦めたわけじゃないからなー!

今はそういうことで、仕事に頑張っていくよ。ってことだからなー!

いったい誰に言ってるんだー!

 

 

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




カテゴリー

管理人:茶々郎

こんにちは。茶々郎です。

京都の「ど」がつくど田舎、「どど田舎」に住むアラフィフ。

好奇心旺盛、でも引きこもり。着物好き。メカ好き。PC好き。読書好き。運動神経抜群(自称)。

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。